新着 人気の電子書籍 名言まとめ

人を育てるのは人じゃありません。環境です。その環境をつくってやるのが指導者の役目であり、コーチングの真髄じゃないでしょうか。
考えてみよう、私が一九〇〇年に生まれたとする。第一次世界大戦がおわったときは十八歳である。二十九歳のときに世界大恐慌、三十三歳で第二次世界大戦を経験する。  こんな世界ではまともな人生設計など立てようがない。
そうか、潔い佇まいのものを作りたかったんだ、とわかったときに、〝直線的〟とか〝機能美〟という言葉は、潔さを形にしたときの特徴のひとつなのだと実感しました。
憎悪、嫉妬、我執、不信、冷淡、貪欲、暴力。あるいは、あらゆる意味での不利な条件、多くの障碍。これらはたいていうとましく、悩みの種になるものだが、まったくないほうが人は強い人間になれるのだろうか。 いや、それら悪や毒こそが、人に克服する機会と力を与え、人がこの世を生きていくために強くしてくれるものなのだ。
ちなみに、一人さんは「自分の人生は喜劇」と決めてるの。 だから、オレの人生、おもしろくてしようがない。 何が起きてもおもしろいんだよ。 だって、オレは、喜劇なんだよ。  だけど、なかには「悲劇」と決めてきてる人もいる。 そういう人の人生って、何でも悲しくて、何しても泣くんだよ。 だけど、その悲しいドラマ、本当は、いとも簡単に変えられるの。 脚本、変えればいいんだよ。 それで、オレたちはね、主役で脚本家なんだよ。
マネージャーの役割は、人を働かせることにあるのではなくて、人を働く気にさせることである。
日本人には、民主主義を運営するうえで必要不可欠なあるものが欠落している。それは権利と義務の概念、つまり「我々はこれだけの権利を認め合い、そのための負担をしようね」という取り決めのことだ。
部下を持つということは、誰にでもできる経験ではない。自分には不向きだと嘆くのではなく、せっかく巡ってきたチャンスを自分のために生かしてほしい。
だれかがいやな行動を取ったときは、その裏にある無邪気さを探してみよう。思いやりをもてば探すのは難しくない。その無邪気さが見えれば、同じ行動を取られても前ほどイライラしなくなるだろう
会社は「社員をいくらで繫ぎ止めておけるか」だけを考えて給与水準を決めているわけだ。安く働かせて、高く儲けることが最優先なのである。
もっとみる